2017/03/20

ギターのメンテナンスグッズを断捨離

ギターのメンテナンスには、意外なほどたくさんの道具が必要です。
弦を切るニッパー、弦高調整のための六角レンチ、オクターブ調整のためのドライバー……。
これらをコンパクトにするために、こんなものを買ってみました。


左はPlanet Wavesのニッパー付きペグワインダー。
弦交換はこれだけあれば大丈夫、という代物。アコギのピン抜きもついてます。
弦交換の道具って持ち運ぶことも結構あるので、一つで済むのは楽ですね。


右は、Ibanezのマルチツール MTZ-11。
各種サイズの六角レンチ、プラスマイナス両方のドライバー、弦高を測れる50mmのスケールまでついています。


私がものを持つときの基本的な考え方は、
・よく使うものは単機能&高機能
・あまり使わないものは、1つで何役もこなせるもの
です。
ギターの調整はそこまで頻繁にすることではないので、そのための道具の数は少ないほどいい、というわけ。

ここまで減りました。左がビフォー、右がアフター。


最近はときどきミニマリスト関連の本やブログを読み漁っていて、ちょっと影響されてきています。
洋服や生活用品は少しずつ減らせているのですが、楽器はなかなか減りません……。
こればっかりは「機能」だけでは測れないものがあるんですよねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿